生成AIが試験問題の
作成を支援する

AI技術を取り入れ、作問者の意図に
沿った問題を作成するツール

とは?

ExamAIは、民間企業が実施する検定試験、予備校の模擬試験、企業の昇進試験などの各種の
「問題」の作成支援から、作成した問題の保守管理までを行うことができるツールです。

AI 問題生成機能で
作問時間を軽減

キーワードとジャンルを指定するだけで問題・選択肢・解答・解説が生成される「AI問題生成機能」。さらに参考文章やカスタムリクエストで指示をすることで精度の高い問題が生成できます。穴埋めや適切記述の選択等多くの問題テンプレートを備え、作問時間を軽減します。

AIによる問題生成の一例

  • CASE

    学校・予備校における社会の試験

    キーワード

    徳川家康

    ジャンル

    社会

    を入力

    AIが生成

    問題

    以下の記述を読み、空欄(ア)に入る語句として最も適切なものを選べ。
    徳川家康は、日本の戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、政治家である。彼は豊臣秀吉や石田三成らの戦国大名と争い、天下統一を果たした。家康は(ア)の勝利により、日本を支配する最初の将軍となった。彼の政治手腕と戦略は非常に優れており、日本の統一を成し遂げた功績は非常に大きい。また、家康は江戸幕府を開き、江戸時代の基盤を築いたことでも知られている。

    1. 関ヶ原の戦い
    2. 桶狭間の戦い
    3. 賤ヶ岳の戦い
    4. 長篠の戦い

    解説

    徳川家康に関する歴史的な出来事に関する問題です。
    徳川家康は関ヶ原の戦いの勝利により、日本を支配する最初の将軍となりました。この戦いによって家康は豊臣政権を打倒し、江戸幕府を開くことに成功しました。
    よって、(ア)には「関ヶ原の戦い」が入ります。

    解説結論 : 以上より正答は<1>です。

  • CASE

    検定事業者におけるDXの検定

    キーワード

    デジタルトランスフォーメーション

    ジャンル

    DX

    を入力

    AIが生成

    問題

    デジタルトランスフォーメーションに関する記述として、最も不適切なものを選べ。

    1. ビジネスプロセスの効率化や顧客体験の向上など、デジタル技術を活用して組織全体の変革を図る取り組みを指す。
    2. デジタルトランスフォーメーションは単なるITプロジェクトではなく、経営戦略やカルチャーの変革を含む総合的な取り組みである。
    3. デジタルトランスフォーメーションにおいては、従来のビジネスモデルやプロセスをそのまま維持しながらデジタル技術を導入することが重要である。
    4. デジタルトランスフォーメーションにおいては、データ駆動型の意思決定やイノベーションが重要な要素となる。

    解説

    デジタルトランスフォーメーションに関する基本的な知識を問う問題です。
    デジタルトランスフォーメーションは、組織全体のビジネスプロセスやカルチャーを変革するための取り組みを指します。
    デジタルトランスフォーメーションは、従来のビジネスモデルやプロセスを見直し、デジタル技術を活用して変革を図ることが重要であり、1 は適切です。
    デジタルトランスフォーメーションは、経営戦略やカルチャーの変革を含む総合的な取り組みであり、2 は適切です。
    デジタルトランスフォーメーションは、従来のビジネスモデルやプロセスをそのまま維持せず、変革を図ることが重要であり、3 は不適切です。
    デジタルトランスフォーメーションにおいては、データ駆動型の意思決定やイノベーションが重要な要素となるため、4 は適切です。

    解説結論 : 以上より正答は<3>です。

  • CASE

    企業の一般教養試験

    キーワード

    インフレーション、デフレーション

    ジャンル

    経済

    を入力

    AIが生成

    問題

    インフレーション/デフレーションに関する記述として、最も不適切なものを選べ。

    1. インフレーションは物価の上昇を意味する。
    2. デフレーションは経済の停滞を引き起こす。
    3. インフレーションは需要が供給を上回ることによって起こる。
    4. デフレーションは企業の利益率を向上させる。

    解説

    インフレーションとデフレーションに関する知識を問う問題です。インフレーションは物価の上昇、デフレーションは物価の下落を指します。
    1. インフレーションは、一般的に物価の継続的な上昇を意味し、通貨の購買力の低下をもたらすため、 1 は適切です。
    2. デフレーションは物価の下落による景気の低迷を引き起こす可能性があり、経済の停滞や消費の減少などの問題を引き起こすため、 2 は適切です。
    3. インフレーションは需要が供給を上回ることによって引き起こされる場合があり、需要の増加によって物価が上昇するため、 3 は適切です。
    4. デフレーションは物価の下落により、企業の収益や利益率が低下する可能性があり、景気の低迷を引き起こすため、 4 は不適切です。

    解説結論 : 以上より正答は<4>です。

検定事業者・予備校・大学などの
「問題」作成に関する
このような課題を解決します

  • 問題文、選択肢を
    作成するのに
    時間がかかる

  • 試験毎に問題を
    管理しており、
    一元管理できていない

  • 複数人で問題を
    作成するので、
    表記が揺れる

問題を一元管理できる
プロジェクト管理システム

AIによる問題生成と問題管理によって、
問題作成者の負担を軽減できます

  • 1AI問題生成機能で
    作成者の
    作問時間を削減

    キーワードとジャンルから、問題を生成できるため、「作問に時間がかかる」「限られたメンバーしか問題が作成できない」というお悩みを解決できます。
    また、自社の情報や特定分野の情報といったオリジナルのデータからも問題を生成できます。

  • 2文章校正機能で作成した
    問題のチェックを簡単に

    作成した問題・選択肢・解説の文章校正も自動で行います。句読点や「です・ます調」、英数字の半角/全角、外来語の表記など、試験に合わせてどこを校正するのかをカスタマイズ可能です。

  • 3問題管理機能で
    複雑な
    管理をシンプルに

    問題にカテゴリとステータスを設定し、簡単に管理ができます。作問が完了すると自動でレビュー者へ承認依頼が通知され、レビュー者はコメントで直接修正の指示ができます。

ExamAIの主な機能

  • 自動問題校正

    • 句読点や「です・ます調」、英数字の半角/全角、外来語の表記などを自動で校正する
    • 文の長さを指定し、指定文字数を超えた場合に警告を表示
  • AIによる自動問題生成

    • 穴埋めや適切記述の選択などテンプレートに沿って自動で問題を生成できる
    • 問題だけでなく選択肢、解説まで自動で生成できる
  • 問題管理

    • 承認機能で問題のレビューを効率的に行える
    • カテゴリ・ステータスで問題を
      管理することができる
    • コメント機能で問題の修正指示を出せる
    • CSVインポート/ダウンロードができる
  • オリジナルデータベース

    • 自社の情報や特定分野の情報などのオリジナルのデータを使った問題生成ができる
  • カスタムテンプレート

    • カスタマイズされたテンプレートを使用して問題生成ができる

料金

契約プランに応じた料金体系になっております。
詳細はお問い合わせください。

導入までの流れ

  • お問い合わせ

    下記のフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

  • ご提案

    詳しい機能や契約プランをご紹介させていただきます。

  • ご契約

    導入に関するご案内をいたします。

  • ご提供開始

    フォローアップ体制もございますので、安心してご利用いただくことができます。

FAQ

ExamAIはChatGPTやMicrosoft Copilotとはどう違いますか?
ExamAIは自動問題生成と問題管理の主に2つの機能があります。それぞれの機能で生成AIチャットサービスとは差異があり、ExamAIは生成AIチャットサービスと比べて試験問題の作成・管理に特化しています。
・問題生成
自動問題生成をChatGPTやMicrosoft Copilotで行う場合、一定のプロンプトの知識が必要で、毎回それなりの量のプロンプトを書く必要があります。 ExamAIではキーワードとジャンルを入力し、テンプレートを選択するだけで、問題を作成することができ、毎回プロンプトを書く必要がありません。
・問題管理
ExamAIでは問題管理として、承認機能やステータス管理、コメントなどを行うことができますが、ChatGptではこのようなことはできません。 Microsoft CopilotであればExcelと連動させて一定の管理はできますが、問題管理システムではないため、管理が煩雑になったり、複数人での連携がうまくできない場合があります。
自社のテキスト等、特定の分野から問題を生成することはできますか?
はい、自社の情報や特定分野の情報等、特定のデータに合わせて作問をすることが可能です。詳しくはお問い合わせください。
問題の形式はカスタマイズすることができますか?
はい、ご希望に合わせて問題テンプレートをカスタマイズをすることが可能です。問題テンプレートをカスタマイズすることで、問題・選択肢の形式を指定した上で問題生成が可能になります。詳しくはお問い合わせください。
ExamAIはブラウザ上で操作できますか?アプリのダウンロードが必要ですか?
ExamAIはブラウザ上でご使用いただけます。アプリのダウンロードは不要です。現在、オンプレミス環境のご用意はございませんので、ご注意ください。
ExamAIに既存の問題を取り込んで管理することは可能ですか?
問題をインポートして管理いただくことが可能です。
契約前に体験利用は可能でしょうか?
本サービスのご説明やご利用方法のヒアリングをさせていただいた上でご案内さしあげますので、お手数ですが、一度お問い合わせください。
個人でも契約可能ですか?
法人でのお申し込みのみに対応しています。詳細はお問い合わせください。

お見積り、お問い合わせはこちら